子育て・教育

【DIY】ちょっとの工夫で自宅での誕生日撮影がスタジオ風に!

我が子の大切な記念日、スタジオでプロに撮ってもらうのも良いですが、
最近は自宅でママが装飾から撮影までされるというのも珍しくないですよね。
準備時間はかかっても撮影費はかからない。最近はスマートフォンのカメラやデジカメがあればキレイな写真は残せますしね。
だからこそ、プロのカメラマンの撮影技術やセンスもレベルが高くなってると思います。

今はネットで調べればいくらでもお洒落な画像に出会えますが、
今回は”簡単でお洒落!”をテーマに、初心者でも出来る自宅でのお誕生日装飾(お子さんが上体を起こしたお写真)について書いてみたいと思います。

必要なアイテム

寝相アートは別として、上体を起こしての撮影となると赤ちゃんの首が座った生後6ヶ月頃〜になりますよね。まずはシンプルにカラーに意識して準備すると失敗しません!

ガーランド

お誕生日というのが一目で分かる
HAPPY BIRTHDAYのアルファベットガーランドは欠かせません!
シルバーやゴールド、また、ご自身の好みの色紙をカットするのもアリですよね。(以外に時間がかかりますが)
あとは無料でガーランドデザインをダウンロード出来るサイトもあるので、リンクしてますね。→ここをクリック

2才まではダイパーケーキを用意!

お誕生日に欠かせないのは何と言っても“バースデーケーキ”ですよね。ですが、1才まではケーキを食べさせたくないと思われる親御さんは多いのではないでしょうか。(2才にもなると分かれると思いますが。)そんな親御さんにはダイパーケーキがオススメ!

もちろん購入する方が楽チンです!オーダーメイドで販売しているブランドもたくさんあるので、テーマカラーに合わせて作ってもらうのも良いでしょう。
作り方の参考になるサイトをリンクしてますね。→ここをクリック

この動画の良い点は、使う材料がダイソーやセリアなどで手に入りそうなのと、ケーキの型作りにラウンド型を使っているのが初めての方でも動画を見ただけで作りやすいかなと思いました。私が作る際はヘアーバンドを使っています。

2才のお誕生日を迎えてオムツが既に外れている子どもは中々いないと思います。食べるケーキを用意して無理して大人が食べるよりも、2段or3段のダイパーケーキを飾り、撮影が終わった後はしばらくインテリアとして楽しみ、その後は解体してオムツを使用。

バルーンが決めて


バルーンがあるだけで一気に華やかになりますよね。
でも、バルーンって近くにお店がないとガス入りを手に入れるのは結構難しい。遠出しないといけなかったり、デリバリーにすると高くなりますよね。ガスもネットで購入できますが、高いんですよね。でも、バルーンは布テープなどで壁にくっつくので、気軽にガス入りバルーン風の飾り方を取り入れられるのです!

バルーンにつける紐をピンとさせる事!少しでも緩んでると不自然!

オプションとして、紙を様々なサイズに丸くカットして、壁に貼ると華やかさが増します!
紙の色をイエローやブルー系にすれば男の子の装飾に取り入れても可愛いし、スター型にカットするのも良いですね!

思い出のアイテムを使う


このサッシュベルト、娘が生まれる前に開催したベビーシャワーで私が身につけていた物!新生児フォトでは娘に巻いて撮影しましたが、1才のお誕生日でこうして飾るのも思い入れがある写真になって良いと思いませんか??思い出のアイテム、是非取り入れて見てくださいね。

カラーを決めよう

せっかくココまで用意してもカラーがイマイチだとイメージと違ったとガッカリしてしまうかも。もし、ビビッドカラーを1色入れるなら、他の色は薄めの同系色でグラデーションにするのが失敗しにくいでしょう。

国旗のように赤・青のようなバイカラーは誰もが見慣れているため、違和感がないですが、カラーの合わせ方も子どもの衣装も1色としてカウントし、上手く合わせると統一感が出ます。

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。
まだ装飾に慣れていない方には、3つのアイテムを活用することをオススメします!
ガーランドダイパーケーキバルーン(オプションにドット)
大事なのはテーマカラーを決めること!色も2色使いから始めると失敗しにくいです。

何か装飾についてご質問があれば是非コメントまたはお問合せ下さいませ。