幼児教育

自転車の練習は効率よく!短時間で補助輪無しで自転車に乗れる秘訣!?

3歳頃から補助輪付き、またはSTRIDERに乗るお子様は多いと思いますが、補助輪無しの自転車デビューはいつ頃からでしょうか?バンコクは車やバイクが多すぎる為、子どもと自転車でどこかに行くなんて光景は見たことがありません。親としては自転車は出来れば乗れるようにさせてあげたいですよね。バンコクにきてから中々自転車の練習をさせる機会をつくってなかったのですが、5才の長男が自転車に乗りたいと言い始めたので、日本から持ってきた数回しか使っていない自転車を出し、マンションの敷地内で乗せてみました。

自転車デビュー

5才ともなると補助輪があれば簡単に乗って漕げますが、練習場所の道が平らじゃないため、補助輪からくる振動が嫌だったみたいで「これ(補助輪)取って」と言いだしました。
最初はそんな気はなかったのですが、いよいよ本格的に練習かな?!とママとしても心の準備をしました。

補助輪を外し初めての2輪自転車。。。チーン

練習を始めて5分も経たないうちに挫折。
(5歳にして挫折を味わう)

八つ当たり

「なんでママとったの?!こんなんじゃ乗れないよ。」
「もう自転車いらない!!」もう言いたい放題。

同じマンションの同じ学年のお友達がパパと練習する為にSTRIDER(ストライダー)を持って現れました。
息子「〇〇くんのは良いなー。」
と、あたかもストライダーなら出来るのに発言!!
お友達にお願いしてストライダーを試乗させてもらった息子、
全然乗れなーい!

何が出来ないって、バランスの取り方が分かっていないし身についていないのです。
お友達はストライダーを乗りこなしているのに自分は全然出来ないというのが悔しかったようで、不機嫌モードに!

一旦、帰宅して話し合い。。。。

YouTube

何か参考になる動画がないかとYouTubeを見ていたら、短時間で自転車に乗ることが出来る方法を教えてくれる動画を発見!この2つを息子に見せてみました。

参考動画①
参考動画②

どの分野でもイメトレは大事ですよね!この動画を見た後、息子がまた自転車に乗りたいと言ったので、外が明るいうちに練習再開!!
ちなみに参考動画①の前半の練習はペダルを外すのですが、私は面倒だったのでペダルは外さず練習させました。また、動画の内容通りに時間をかけて練習はしていません。一番参考になったのは、ペダルを漕ぐ始め方です。

練習の結果

最初はペダルを少しずつ漕ぐ練習。
コツを掴み、5分後には漕げそうな様子だったので、ビデオで教えてくれていたように、最初の出だしだけサドルを持ってあげて、勢いが出たらサドルを持っていた手を離すという練習をしていたら、なんと10分くらいで20mくらい漕げるように!!(練習場所が狭い為それ以上は出来ない)

YouTubeを見た後の練習は30分くらいだったのですが、後半はブレーキも使いこなし、楽しんで乗ってました。まだハンドル操作までは一日目では出来てませんが、かなりの進歩!!!
その後、週1で練習しているのですが、始めて2ヶ月で自転車をすっかり乗りこなせるようになりました!!!

まとめ

自転車の練習は、事前に自転車の乗り方を教えてくれるYouTube動画を見せるのが効率的!!もちろん、始める年齢やお子様によって乗れるようになるまでの時間には個人差があると思いますが、見ないで始めるよりも断然良いと思います。