幼児教育

【幼児教育】ママと楽しく数を学ぶための教材

幼児教育を始めてから最近では日本やバンコクにお住いの子育て中のお母様から幼児教育のご相談を受ける機会が増えてきました。現在はバンコクでのモニターレッスンや日本でのオンラインレッスンを通じて3歳半から8歳のお子様を対象に指導させて頂いているのですが、興味あること・無いこと、得意・不得意、お子様によって様々です。指導する上で大切にしていることは、いかに楽しく学んでもらうかということ。私のレッスンでは科学実験や教材を通して、想像することや答えを導く事を目的に、好奇心と探究心を育む内容にしています。

あくまで私にできる事は、子ども達に勉強の楽しさを知るヒントを与えることにしか過ぎません。なぜなら、受講するレッスンで学ベる勉強量は限られているからです。子ども達に沢山発見してもらい刺激を与え、「もっともっと知りたい」という好奇心をどれだけ抱かせられるかが私の課題だと思い、カリキュラムや伝え方を一人一人の受講生に合わせて考えています。

そして、今後は教材にも力を入れて行きたいという思いで、家庭でも取り入れられるように、この度、アップル社のオフィシャルアプリで人気のiBooksを通じて電子書籍を出版しました。第一弾は『ママと楽しく学ベる幼児教育(数編1)』です。恐竜のイラストを使って分かりやすく数学の基本を学べる教材の導入編です。

これから全94ページある中の一部のページをご紹介させて頂きます。

かぞえかた

こちらは数字の数えかたの練習。先ずは1桁、次に2桁の数字も学びます。早い子では2歳くらいから取り入れられるでしょう。
登場する恐竜の名前は字を読む練習にもなります。

たかさくらべ


恐竜の高さを数で表し、高さを比べることを通じて、足し算と引き算の考え方を学びます。

ならびかた


ここでは色々なパターンで与えられた数字の並び方のルールを考える力を養います。理解を確認するスライドでは、このように空白に何頭の恐竜が入るかを考えてもらいます。

ひろさ・かけざん


掛け算は九九の暗記では無く、広さ(面積)を座標の中の恐竜の数で表し、掛け算の考え方を学びます。

その他、一次関数の基本を学べるチャプターもあります。

まとめ

以上のようなチャプターに分け、説明と理解の確認の為のスライドを94ページでまとめています。スライド下に表示しているママノートには、ママがどのようにお子様に説明し考えさせれば良いかを記載しています。iPadまたはご自宅でプリントアウトしてご活用頂ければと思います。(プリントアウトはご購入者様のお子様限定でお願い致します。)何度も使えるのが電子書籍の良さですよね。お出かけの際などにも是非ご活用くださいませ。

今回の数編1については3歳〜6歳を対象にしていて、今後、数シリーズは更に増やしていく予定です。また、日本地図の教材も現在進めていますので、完成しましたらブログでご紹介させて下さいませ。皆様のお子様の教育のお役に立てますと幸いです。

また、実際に使って頂く中でご質問やリクエストなどございましたら随時対応させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

iBooks ママと学べる幼児教育(数編1)