生活関連

アイアンシェフのレシピが学べるIssaya Cooking Studio@セントラルエンバシー

タイ版の”料理の鉄人”で知られるイアン・キットチャイ氏(Ian Kittchai)がバンコクで手がけるタイ料理レストラン”Issaya Siamese Club(イッサヤ サイアミーズ クラブ)”のクッキングスタジオでタイの定番料理4品を学び・作り・食しました!

あわせて読みたい
"料理の鉄人"のお店ISSAYA Siamese Club@サトーン2014年から毎年アジアベスト50に選ばれている創作タイ料理レストラン。Issaya流に味付けされたタイの伝統料理は、タイ料理の奥深さを...

Issaya Cooking Studio(イサヤ クッキング スタジオ)

セントラルエンバシーのLG階の”Eathai”(フードコート)内にあるクッキングスタジオ。なんと、ほぼ毎日、午前とアフタヌーンティーにクラスが開講されているのです。(たまに夜のクラスも有り)毎月どこかの日程でゲストシェフやイアンシェフ本人のクラスもあるので、クッキング好きには魅力的な内容だと思います。

予約から参加まで


1. まずは参加したい日をサイトで確認。内容によって参加費も違います。
https://www.issayastudio.com/schedule-oct

※今回のIssayaレシピのクラスは2,354THB

2. 電話またはE-mailで参加希望日を予約。(英語orタイ語)

※連絡先は当記事最後の店舗詳細をご確認ください

3.  セントラルエンバシーLG階につくとEathaiの入り口でカードを渡されます。(Eathaiは入場者数をきっちり把握したいようで、買い物目的でなく通路の通過だけでもカードは必要です。)カードをもらってスタジオへ。

4. スタジオに着いたら、受付で予約名を伝えて開始まで待ちます。(お水を提供してくれました。)エプロンが渡され手を洗うよう指示がありますので、あとは講師に任せて参加すればOKです。

5. 講師によるデモンストレーション→自分で作る(1品1品この流れで進みます)

6. 出来た料理は持ち帰りorその場で食べるか選べます。

7. 参加費はお帰りの際に支払います。

8. Eathai入り口で受け取ったカードをEathaiの出口で渡して終了。

Issaya Cooking Studioのクラスと料金

こちらのスタジオの主なクラスは4種類。その他にミシュランを獲得しているゲストシェフやイアンシェフの各クラスが月に1度くらいあります。(ゲストシェフのクラスはハイプライスです。)サイトに表示の参加費にサービスチャージ10%とVAT7%がかかり合計金額となります。

・Issayaレストランの料理(2,000THB++)
・カクテル (1,200THB++)
・デザート (3,000THB++)
・屋台料理 (3,000THB++)

スケジュールを見る限り、午前でも14時終わりは子どものお迎えの都合で難しく、パパに任せられる週末を選びました。どうせならイアンシェフのクラスを受けたいところですが、中々イアンシェフは週末に開催されなさそう。今回担当して下さった先生はIssayaでのシェフ経験もあるという方でした。

私が参加した会では私と友人の2人だけだったので、先生に質問を沢山出来て濃厚な内容でしたよ。普段どれくらい参加者が集まるのか知りませんが、この日は中華系タイ人から広がったというベジタリアン・フェスティバルシーズンだった為(薄味の精進料理を10日間くらい食べる風習)、他の参加者がいなかったのかなと勝手に思ってます。


今回はソムタム/シュリンプサラダ/豚肩肉のレッドカレーソース焼き/マッサマンカレーの4品を教わりました。
バンコクの定番サラダであるソムタムには油で揚げたソフトシェルクラブが付きました。ソフトシェルクラブなんて日本の一般的なスーパーで見ることなんて中々ないですよね。タイではNY同様、グローサリーで手に入るので食卓にもドンドン入れようと思いました。


ソムタムは好みに合わせて味を調節できるので、同じ材料を用意しても作る人によって味は様々。それもソムタムを楽しむ一つですね。

 

完成した4品です!味に関してはどれも美味しくて家でも作りたいと思いました。豚肩肉のソースはタイ人感覚の味付けだと濃すぎるので、自分好みにアレンジにしようと思いました。マッサマンカレーはIssayaレストランのシグネチャーメニューです!実際レストランではラム肉が使われてますが、調理時間を短縮するために鶏の胸肉で代用してました。

料理作り終了後、クラスの内容では無いのですが、参加人数が少なくて早めに終わったのもあり、先生がEathai内で売られているタイの調味料やブランドのオススメなどを、実際に売り場まで移動して教えて下さいました。カレーペーストや調味料のブランドって沢山あるので、料理家が選ぶ商品を知れて為になりました。

あわせて読みたい
タイ人の料理家がオススメする調味料この記事ではタイの料理家がオススメるす調味料の情報をご紹介していきます。現在は1人の講師からの情報だけです。 Issaya Cooki...

スタジオ内


クッキングスタジオの壁紙もIssayaのレストランと同じく素敵!


こちらはスタジオ内にあるスペース。作った料理は全て持ち帰ってもOKだし、その場で食べてもOK!今回は参加者2人だけだったので、先生がデモンストレーションで作られたお料理を頂いて、自分達で作った料理は持ち帰り用のパックに入れてもらい、家族に食べてもらいました。11時から始まり作り終わったのが13:30くらい。料理を作った後にEathai内のお店でビールを買って友人と遅めのランチを楽しみました。14時終了でしたが、時間を気にせずお話していたら14:30に。居心地が良くて長居してしまいました。

場所&MAP 

BTSプルンチット駅からの行き方をリンクしてます。
エンバシーの建物についたらLG階に向かってください。LG階にあるEathai内にあります。

 

まとめ

基本的に英語でクラスを進行してくれます。(講師はタイ人なのでタイ語もOK。)カレーペーストや味噌等は既に用意された物を使います。タイ料理レシピを知りたいという方向けのクッキングスタジオなので、料理の”いろは”を丁寧に教えてくれる訳ではありません。また、レシピが細かく書かれていないので、受け身な姿勢でいると疑問ばかり残って終わってしまいます。気にせず積極的に質問することをお勧めします。アシスタントもいますし、生徒への対応が悪いという事はないと思いますよ。

スタジオ詳細 

Issaya Cooking Studio

住  所 : Central Embassy, LEVEL LG, 1031 Ploenchit Road, Lumpini, Pathumwan,
電話番号02-160-5636
営業時間 : 10:00-21:00
アクセス : BTSプルンチット駅より徒歩2分/BTSチッロム駅より徒歩5分
※セントラルエンバシーまでについて
駐 車 場 : あり
Website : https://www.issayastudio.com
Facebook : https://www.facebook.com/issayastudio
Instagram : issyacookingstudio