タイ国内

タイのアユタヤで子連れで楽しむ日帰り旅-観光地編

バンコクのスクンビット界隈から車で1時間半でいけるアユタヤへ日本から遊びにきてくれていた友人と行ってきました。ツアーを組まずにいける日帰り旅をご紹介させて頂きますね。

アユタヤとは

1351年にウートン王によって建都されてから、1767年にビルマ軍の攻撃で破壊されるまでの417年間、アユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた都市です。チャオプラヤー川とその支流に囲まれた地形は水運に恵まれ、17世紀はじめにはヨーロッパと東アジアを結ぶ国際貿易都市として繁栄しました。その都市計画や中央集権制度、国際貿易振興といった近代国家の基盤は、その後のバンコク王朝にも受け継がれています。苔むした仏塔のチェディ、大草原に悠然と横たわる涅槃像、素晴らしい建築美を誇る歴代王の離宮、かつて栄華を極めた古都の壮大な歴史が眠る遺跡の街・アユタヤ。現代にその当時の姿をつたえる荘厳な遺跡群は歴史公園として整備され、1991年にユネスコ世界遺産にも登録されました。 byタイ国政府官公庁サイト

ワット・マハタート


成長した木の根から見える仏頭。コチラはビルマ軍の攻撃により、ほとんどの仏像の頭が切り落とされている遺跡にある放置された仏頭が、長い年月を経てこのような神秘的な姿になったのだそう。


このように仏頭が全て切られて、体だけが残されていました。
ここの遺跡は広くて、子ども達は歴史については理解出来ていないので探検気分。

ワット・マハタート(Wat Phra Mahathat)
住所
Chikun Tha Wasukri Phra Nakhon Si Ayutthaya
オープン時間
8:00~18:00
19:00~21:00(ライトアップ)
入場料
50バーツ(約170円)

エレファントキャンプ

生まれて初めて象に乗りました。
チケットは15分300THB(約1020円)。3歳の娘も乗りたいと言ってくれたので一緒に乗りました。乗り心地は良いとは言えないですが思い出になりました。予想以上に歩いてくれたので大満足です。

友人を乗せた象と一緒に進んでいたので遺跡の前で記念撮影も交互にさせてもらえました。この象さん、ポーズをとってくれてるみたいで可愛い。
勿論、撮影後はチップを象に要求され、お鼻でキャッチからの象使いの手に。笑

象乗りの後はちょうど象のショーが始まるところだったので皆で観覧。
入場料50THB/人(大人・子供)でした。


え!!!象ってココまで出来るの?!可愛すぎて、終始感動してました。
動画もアップしてます。最近、時間の合間にこの動画を見ている私。この象のショーのためだけに行きたいくらい。

素晴らしいバランス感覚!

象のダンスはタイ人のリズム感覚!途中チップを渡す場があったのですが、気前の良いアジア人が500THBも渡してました!私も気持ちはそれくらい渡したかったですが。。。

Elephant Campの場所
Forest Road, next to one worthwhile KHUNPAEN Ayutthaya Historical Park

ワット・チャイワッタナーラーム


最後はコチラの遺跡で、中には入らず写真だけとって帰りました。

ワット チャイワッタナーラームの場所
Ban Pom, Phra Nakhon Si Ayutthaya

まとめ

午前9:30に家を出て車で移動すると11時には一つ目の寺院に到着。その後、ランチ→エレファントキャンプ→寺院から車で移動し帰宅したのは17時前でした。疲れない子連れ日帰り旅だったので行ってよかったです。
ランチは別記事に書きたいと思います。